平泉光司_blog.

Friday, August 29, 2008

『サマープレミアムライブ 都会の晩夏〜COUCH&sowan song 大人の街を唄う〜』

昨晩のライヴ、
お越し下さった皆さん、ありがとう。


昼過ぎに家を出たところ、
いきなりの激しい雨。
すぐにバスに乗れたので濡れずにすみましたが、
渋谷に着いたらまた降ってきた。
(きっと雨雲と一緒に移動してたんだね、俺。)
雨が落ち着くのを待って会場入りしました。


ギターの練習にハマっている最近の僕。
速弾きライトハンドなど。笑
カウチではあまり登場しないテクですが。)
なので(?)、コンディションはばっちりだったのですが、
どうも、身体と魂のバランスがうまくとれず、
地に足の着かないまま、はりきり過ぎてしまった。


とは言え、特別な夜。
サウンドチェックから終演までずっとエキサイト状態でした。


Sowanくんとのセッション。
彼の”存在”と”うた”からたくさんの刺激を受けました。
温度を届けるうたなんだよね。
ママラグ田中くん黒沢秀樹さんの飛び入りもあり、
それはそれはプレミアム。


打ち上げも盛り上がったよ。
秀樹さんのお誕生日でしたので、バースデイケーキの登場あり)


ライヴの模様を録画していたので、
ならば『みんなで一緒に見る会』をやろう、と約束し、
Sowanくんと別れたのでした。
おつかれさまでした。

Sowanくん、みなさん、どうもありがとう!!!


>除川さん
いつもすみませんが、写真送って下さい、、、。

>除川さん
ありがとうございます
送っていただいた写真載せますね。



サウンドチェック1
サウンドチェック2
で、本番

4 Comments:

At 10:26 PM, Anonymous なかがみひろとしです。 said...

昨日は「行こう!」と決心していたのにも関わらず、体は新潟にありました。トウキョウの街はハルカカナタ。。。
プレミアムな夜に参加できず残念ですが、今度違った意味のプレミアムな夜をまた過ごしましょう(笑)

 
At 1:39 PM, Anonymous きりこ said...

仕事で1時間ほど遅刻してしまい、
着いたときには、すでにCOUCH第1部も終わりに差し掛かっていました。
ママラグの田中さんとのセッションが聞けなかったのがとても残念です。
後ろの方で立って見ていたら、COUCH第2部のとき、いつの間にか隣にSowan Songさんが立ってました。
「できることなら」が終わった瞬間、Sowan songさんが「名曲や・・・」とつぶやいていたのが印象的でした。本当にそうだなぁと思いました。

 
At 5:18 PM, Anonymous あや said...

盛りだくさんな夜をありがとうございました。歌っている平泉さんを見ていると、何度となく外の雷が目に入りました。気持ち良さそう~と思ったのですが、ステージから外は見えたのかな?
10月ワンマン!それから録音!!楽しみ続きです。あ、その前に lete ですね。またとろけに参ります~。

 
At 9:17 PM, Blogger 平泉光司 said...

なかがみひろとしです。 さん
ありがとう。
出張お疲れさまです。
「違った意味の〜」とは、酒のはなしですね。
是非ぜひ!

きりこ さん
いつもありがとう。
雨には降られませんでしたか?
「できることなら」、嬉しいです。
この曲はリズムコンセプトを持たずに作った曲で、中條・小島のアプローチは完全にふたり独自のものです。たまに(?)ふたりのスーパープレイが飛び出して、そんなとき僕はそれを聴き入ってしまい、自分の仕事を忘れてしまうんです。やれやれ。

あや さん
いつもありがとう。
正直言うと、窓の外を見る余裕はありませんでしたが、なんとなく、ビカビカ光ってた様な、そんな気もするなぁ。
録音、やりますよ。
中條エンジニアを押さえねば!

 

Post a Comment

<< Home